キャッシングローンを利用すると住宅ローンの審査に響く?

住宅ローンの審査では、本人の収入や勤続年数などのほかに、必ずキャッシングローンの利用履歴がチェックされます。これは確実な返済能力があるかどうかを確かめる目的があり、避けて通ることはできません。キャッシングローンを利用しているからといって、必ずしも返済能力がないとは限りません。しかし他に借金があれば、それだけ金銭的な負担が大きく、ローンを滞納する可能性があると見なされます。
過去にキャッシングローンを利用したが、今は完済しているという場合には、住宅ローンに影響しないこともあります。一度も滞納せずにキッチリと返済している方なら、人間的に信用できると判断されるわけです。しかし収入に比べて明らかに多額の借金を繰り返していたり、一度でも滞納の履歴があったりすると、信用できいない人間と見なされ、審査に落ちる可能性が高くなります。
こうした個人信用情報は、銀行と消費者金融で共有されているため、ごまかすことはできません。滞納などで信用情報に傷がついていると、どうしても審査に響いてしまいます。
住宅ローンを利用したいなら、まずキャッシングローンを完済しておくことが大切です。他のローンが残っていたり、過去に多額のキャッシング利用歴などがあって、通過する自信がないときは、せめて頭金を多めに用意しましょう。借入金額が小さければ返済比率が下がり、滞納のリスクが小さいと判断されるため、審査に通る確率は高くなります。